■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
初めてはまった・・・ モーツアルト
9月にレッスンが再開するまでのお休みの期間、とにかくスケールを練習する日々が続きます。一つ一つ美しい音で、全く体に負担をかけず、全ての調のスケールをどこからでも正しい指使いで弾けるようにするための練習。ものすごい忍耐力を必要とする練習です。

この夏に読んだ、ロシアの巨匠、そしてNYのジュリーアードでも教鞭をとったジョセフ・レヴインの書いた奏法に関する本にすっかり傾倒してしまった私。この本を読んで感じたのが、同じようなことをN氏からも、そしてM氏からも注意されていると言うこと。2人が教えてくださったことが全く重なっているわけではないのですが、二人の言うことを合わせるとちょうど一冊分になる?という感じ。今になって、N氏が言っていたことがわかるような気がします。なぜ、スロープラクティスなのか?なぜ、和音は全て分解して練習しなくてはいけないのか?

そうやって、スケールばかりを弾いている時に、比較的すんなり入れるのが、やっぱりバッハ。バッハを弾くと、スケール練習から得たものがすぐに生かせると実感できる。そしてもう一つが、モーツアルト。ここ1年ぐらい、ずっと弾いてみたいと思っていたモーツアルト。子供の時以来、全く弾いていません。正直、子供の時はあまり好きでなかったモーツアルト。だって、全くごまかしがきかなくて、恐ろしく難しいのです。M氏に何回か「モーツアルトを弾いてみたいのですが・・・」と言おうとしたのですが、怖くて言えませんでした。

子供の時に使っていたモーツアルトのソナタ全集を引っ張り出してみると・・・
はまりました。。。。
もちろん難しいのですが、弾いていて楽しい。譜読みが楽しい。こんな気持ちになるのは久しぶりです。とりあえずは昔弾いたことのある曲から・・・弾いてみて感じるのは、自分が如何にいい加減にしか弾いていなかったかということ。へこみます。

もともと私がモーツアルトを弾いてみたいと思うきっかけとなったのは、スペインのピアニスト、アリシア・デラロッチャの弾くモーツアルトを聴いたことでした。何を弾いても彼女の演奏は、説得力があってとても明快。説得力のある演奏、いつかしてみたいものです。遠い遠い道のりです。
スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Piano | 22:05:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。