■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
You never know
アメリカでは良く
You never know!
という表現が使われます。
これは、日本語の「○○かどうかなんて、わからないわよ!」というニュアンスのフレーズ。

殿下が3年前にアイスホッケーを始めた時に、彼にホッケーは絶対に向いていないと思った私。すぐにやめると言い出すだろうと思っていましたが、なかなかやめない。だからと言って、ガツガツとプレーするわけでもなく、のらりくらりとホッケーを楽しむ殿下。それでも去年、選抜チームのメンバーに選ばれてからは、のらりくらりと言うわけにもいかず、ホッケー命!的な子供たちの中でずいぶんともまれてきました。年齢が上がるごとに、やっぱりホッケーはむいていない!と確信を強める私。

今年で最後のシーズンかな?と思いながら、迎えたプリシーズンの最終日の試合。
最初のシフトで、いきなりリンク半分以上独走大勢から一気にゴールを決めました。奇跡だと思って、ビデオを撮ってしまった私。ところが次のシフトでも同じことが起こり、またその次のシフトでも・・・試合が終わってみれば、彼のチームの最終得点6点中、4点は殿下が決めたものでした。

何が起こったのか全く分からなかった私。驚きました。。。
この時に、"You never know"というフレーズが頭に浮かびました。なるほど、確かに私はこういう日が来るとは思ったことは全くありませんでした。もちろんこれがずっと続くわけもないのは、百も承知ですが、まあ驚きました。

確かに私はすぐに独断と偏見で決めつけてしまう傾向があるかもしれないです。特に殿下のことに関しては、ついついなんでもわかっているような気持ちになって・・・そして自分自身のことも然り。

You never know...
って思っておけば、もしかしたら可能性が広がっていくのかもしれません。
スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

daily life | 22:00:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。