■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
長調から短調へ
「少な目に・・・」と言われながら、どっさりと出た新曲5曲。
何でも初見ですぐに弾ける”初見の天才”であるご自分と、私を同じに考えないでほしいです。あっちもこっちもちょろちょろと手を付けて、どれもどうにもならなくて焦っています。

ところで、新曲を読みながら、気が付いたことが・・・
何と、5曲全部が短調の曲でした。これまでM氏と一緒にやった曲で、短調はたったの1曲だけ。それがいきなり5曲とも短調とは・・・どうしたことでしょうか?

私は、これまでM氏が意図して長調の曲を私にくれていると思っていました。おそらくそうだと思うのですが・・・
それが一転して、短調へ!!
久しぶりの短調です。個人的には、短調大好きです。特にC#マイナーとか・・・(汗)
ところが、短調ばかりの譜読みというのが意外に精神的にきついのだということに気づきました。譜面を読んでいて、どんどん落ち込んでくる。そういう場合ではないと思いながらも・・・

M氏の今回の課題の意図は、「低音部を使って歌う場合の音の出し方、深みのある歌い方」なのだろうと思うのですが、そういう部分を含んでいる曲は短調が多いと言うことなのでしょうか?

エチュードから、バッハ、そしてもちろんノクターンも(これが超重い!)、み~んな短調。

M氏に何があったのでしょうか?何かドラマが起きたのか??
私は彼はGメージャーの人だと思っていたのですが・・・彼が弾くバッハのGメージャーは本当に美しいのです。でも、本当はマイナーだったのだろうか?でも、そうなら、ラフマニノフのC#マイナー弾いてほしい・・・

そんなこと言っていないで、譜読みした方が良いです。。。
スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Piano | 21:45:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。