■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
ついに生ラフマニノフ・・・
昨日、ついにM氏が弾くラフマニノフを生で聴くことができました。
M氏がNYのロシア領事館で行われたコンサートで弾いた翌週のレッスン。
「さあ、今日は何からやろうか?」
と言うM氏に
「ラフマニノフから!」
と、かなり厚かましくお願いしてしまいした。

プレリュードの5番、G-minor、鐘と並んで、もっとも有名なプレリュード。前半と後半は、軍隊マーチ。中間部は全く別の曲のようなロマンティークパート。短い作品なのに、コンチェルトのような、中身の濃い曲です。
この曲はラフマニノフの中でも大好きな曲の一つ。中間部の美しさと言ったら、もう考えただけで目がうるうるしてきてしまうような、映像が見えまくり!そんな曲です。そして実はこの曲は、以前に一生懸命練習してN氏のレッスンに持っていったのですが、たったの4小節であえなく却下されてしまったという悲しい過去をもつ曲でもあります。

さて、M氏はどうやって弾くのだろうか?もうわくわくでした。ロシア人の弾くラフマニノフ、嫌でも心が躍ります。
ところがこれが、、、意外でした。M氏、さらっと弾くのです。もっと熱っぽく、くねくねに歌い上げるかと思いきや、さらっと3時のおやつの様に弾いてしまわれました。ちょっとびっくり。。。
N氏の鐘を聴いた時には、私のイメージするラフマニノフだったのですが、今回のM氏のラフマニノフはちょっと違いました。でも、後からじわっとくるのです。そして自分のイメージするラフマニノフ像はもしかしたら、ちょっと違っていたのかもしれない?と思いました。私の見ているラフマニノフの美しさは、メロディーやハーモニーの美しさなどの表面的な部分だけだったのかもしれないと・・・でも、M氏のアプローチと理解はもっと深いところにあるように聴こえました。考えてしまいました。

弾き終わった後に、次々と質問をする私。そのたびに、実際に演奏しながら丁寧に説明してくれたM氏。ここは、ギレリスならこう弾くけど、リヒテルはこうなんだよね。ラフマニノフ本人はリヒテルの弾き方に近いよね・・・
もうだいぶ慣れましたが、M氏は本当に何でも、譜面なしで、すぐに弾けるんです。自分の頭の引き出しにどれだけの音楽が入っているのか?仮に数小節のさわりだけだとしても、あれだけバロックから近現代まで何でもすぐに弾けるというのは、どうなっているのでしょうか?

ラフマニノフがどれほど難しいのか、ということを新たに、嫌と言うほど、気が付いてしまった私でした。。。
そして、そのラフマニノフの深奥により近いところにいるM氏にただただ唖然とするばかりです。すごい。
スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Piano | 21:26:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad