■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
ショパンな彼
はまりまくりのショパン。技術的にも音楽的にも、久しぶりの大苦しみです。

そしてそんな私とは対照的に、ショパン絶好調のM氏。
来年の夏にオケとショパンのコンチェルトの2番を弾くことが決まったM氏は、目下ショパンに没頭中です。
心も身体もショパンでいっぱい、全身からショパンがあふれてキラキラしています。(笑)

私が弾いているエチュードもノクターンも若い頃に何度も弾いているのでしょうが、
「君がやっている曲を僕ももう一度勉強することにしたんだ!そうしたら昔は気が付かなかった新しい発見がたくさんあって。。。いやあ、ショパンの音楽って新しいよね!」
と珍しく饒舌なM氏。。。

「Let's try Chopin again!」
キラキラのM氏。
.はああ、出るのはため息ばかりです。今日はベートーベンをやろうと思っていたのに。。。

先生が生徒の課題曲を過去からの惰性ではなく、本気で新たに練習してきてくれる場合・・・
レッスンは更に過酷なものとなります。ハイ。。。
どん詰まりで、ショパンに対してネガティブな気持ちばかりが育っている私に、キラキラのM氏は眩しすぎます。何を言われても、「難しい。。。」と思ってしまう、私。弾けていたと思っていたエチュードまで、どうやって弾けばよいのかわからなくなってきました。譜面からショパンの意図を読み取ろうとすると、音楽がわからなくなってくるのです。この状態を「はまる」と言います。はああ・・・

でも、最後にM氏が弾いてくれたAフラットMajorのエチュード、エオリアンハープ。
驚くほど美しかった・・・ショパンへのラブがあふれていて・・・ほれぼれしました。

あああ、だからショパンは難しいのです。
スポンサーサイト


Piano | 09:04:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad