■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Daniil Trifonov at Carnegie, 2016/12/7
先週、初めてDaniil Trifonovのソロコンサートを見にカーネギーホールへ行ってきました。
トリフォノフ君のピアノは、去年のお正月にNYフィルとの共演で見ましたが、ソロは初めて。NYフィルとの共演でラフマニノフのコンチェルトを弾いた時には、何だか元気が無く、音も小さくて、あまりポジティブな印象はありませんでした。

この日のソロのプログラムは、シューマンが中心。子供の情景全曲、クライスレリアーナ全曲、トッカータ、その後休憩をはさんで、ショスターコービッチのプレリュードとフーガ5曲弾いて、ペトリューシュカ全曲。まあ良くもこれだけ弾くものだと感心しました。彼のコンサートはショパンのエチュード全曲とかプレリュード全曲とかそういう大きな作りになっていること多いですが、まあこの日もすごかった。

まず、彼の音。
最初の一音からどきっとするような美しい美しい音でした。これは、この夏に見たプレトニュフ様のコンサートとは全く違う感覚でした。あのときは最初の一音から、???という感じでしたから。トリフォノフ君の音は、澄み切った美しい音で、ふうう。。。って思わずため息をついてしまった私。ところが、私にとっては
全てテンポが遅すぎ!
ました。

全曲通して、アンコールまで、全てかなり遅めに弾いていました。
子供の情景はそれでも良かったけれど、クライスレリアーナをあれほど遅く弾くと、曲のストーリーが見えなくなってしまうような気がしました、ショスターコービッチはそのテンポでも十分に美しかった。ペトリューシュカはものたりなかった。アンコールのメトネル2曲も物足りなかった。

なぜあんなに遅く弾いたのだろうか?帰りの電車の中で考え込んでしまいました。
去年、彼のピアノコンチェルトを聴いた時に、音が小さい!と思ったのですが、もしかしたらそこなのかな?と思ったりしました。速く弾くと音が軽くなるから?まあ、もちろん音楽的な意図があってのことなのは当然ですが、それにしても遅かった。インターミッションを入れて、なんと2時間半のコンサートです。もしもう少しテンポがあがっていたら、10分ぐらい早く終わったかもしれません。

まあでも、やっぱりあれだけきれいな音を出されると、まあ全て許せてしまいます。
いいなあ、あんな音が出せたら。。。
スポンサーサイト


テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

Piano | 22:47:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。