■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
脱力という基本
先週、殿下の通う学校でタレントショーなるものがありました。これは、アメリカの学校では良く行われる個人やグループで”芸”を披露するという趣向の会のことですが、まあ何事もゆるゆるのアメリカ。「これが”芸”です!」と言ってお見せできるようなものはほとんどなく、なんでもありのショー。(タレント=芸、という概念ではないのかもしれません。。。)

出番を待つステージ裏で突然聴こえてきたピアノの音。とてもきれいな音だったので、誰が弾いているのだろう?と思ってカーテンの横から覗いてみると、なんと殿下の同級生でした。弾いている曲自体は現代物で技術的に高度なものではありませんでしたが、本当にちょっとびっくりするようなきれいな音でした。そして、更に驚いたのが、手の動き。手のどこにも余分な力がかかっておらず、完全にリラックスしているのです。子供であんな動かし方が出来るんだ。。。とびっくりした私。

そしてその次に、また殿下の同級生がピアノを弾きました。こちらは、本格派。クレメンティーのソナチネです。しかし、前の子と音が全然違うのです。正直、音が汚い。。。またまたカーテンの横からそっと覗いてみると、彼は小さな手をいっぱいに広げて、一生懸命に弾いていました。指にも、手にも、腕にもすべてにテンションがかかっているのが一目瞭然です。

その後に、殿下の伴奏で私も彼らと同じピアノを弾いたのですが、弾きながら考えてしまいました。「果たして今私が奏でている音は、最初に弾いた子の音よりも綺麗だろうか?」と。「私は彼のようにリラックスした手で弾いているだろうか?」と。

反省です。ここのところ、曲を仕上げることに一生懸命で、この
「脱力」
という基本を少々忘れかけていました。8歳児に教えられてしまいました。

N氏に毎回のように注意されたこの「脱力」。自分の望む音色を作るために絶対に必要なことです。
まずは脱力ありき!
全てはここから始まります。
スポンサーサイト


テーマ:アメリカコネチカット生活 - ジャンル:海外情報

Piano | 12:15:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad