■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
”聴く”ということ
M氏からレッスンを取り始めて、1年半ぐらいが経ちました。レッスンが出来ない長い夏休みなどを差し引くと、実質1年ぐらいですが、信じられないくらい密度の濃い1年でした。信じられないくらい多くのことを彼から学びました。実際、私の音楽に対してのスタンスは完全に変わりました。

教える方も教わる方も良い意味で慣れてきて、以前よりもお互い遠慮なくものが言えるようになってきて、レッスンのテンポがあがってきたこの頃。
ショパンのエチュード、バッハの平均律、ベートーベンのソナタとショパンのノクターン。
これだけを同時に進めていくのはやはり大変ですが、このボリュームを1年続けてみて、色々な意味で音楽の見方が広がり、楽譜の読み方が深まりました。

前回のレッスンはベートーベンのソナタの最初の2ページに2時間半。。。
”全部がダメだ”とやんわりと、でも厳しく言われてしまいました。。。うううう。。。。
最初の頃は遠慮して見逃してくれていた部分があったと思うのですが、最近では何となく弾いている状態ではたとえ1小節さえもスルーさせてもらえなくなってきました。

全ての音と音楽の流れが完全に聴こえていなければ、先には進めない。
音楽では、良く先生が生徒に「良く聴いて!」と注意をします。
この「聴く」というのは実はとても面白いことで、奏者の耳に聴こえていないことは、お客さんの耳には聞こえないのです。物理的に音が出ていないというのではなく、全ての音が正しく演奏されていたとしても、奏者が音楽の流れやフレーズを自分の耳で聴こうとしないとそれは音楽として聴こえてこないのです。子供の時から何万回も「そこはもっと良く聴いて!」と言われつづけてきたことですが、今でもこれは不思議だなあと思います。

つまり、奏者の頭の中で整理できていないことは演奏には反映されないと言うことです。(あたりまえですが・・・)自分の頭の中でフレーズや多声部のそれぞれの声部がはっきりと整理されている場合、それらがはっきりと演奏に浮き出してくる。だから譜面はちゃんと読まなくてはいけない。ただ楽譜にある音が全てそこにあったとしても、それでは音楽にならないのです。

ポリフォニーの神様バッハはもちろんことですが、ベートーベンも多重レイヤー大好き。あちらこちらに隠しレイヤーがあります。これをきちんと読み解かずに、誰かの演奏から聴こえてきた感覚だけで何となく弾くと、
「全然聴こえてない!」
ということになります。

聴く=きちんと音楽を読み解く

ってことなんだって、今頃になって気が付きました。
何であれだけ弾いていた若い時にそういうことを考えなかったんだろう。。。つくづくバカな私です。だからだめなんですよね。またまた反省。最近、反省ばかりしています。昔もっと反省していたら、もっと上手くなっていただろうなあ。はあああ。。。
スポンサーサイト


テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

Piano | 10:17:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad