■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
室内楽効果
この夏に初めて体験した室内楽
その初めての室内楽は、なんと私以外は全員プロ。まあ何とも贅沢な初体験でした。

そして、数週間前にM氏から室内楽のワークショップがあるから出てみないかと言われ、モーツアルトのピアノカルテットに挑戦することになったのですが・・・
「やってみる?」
と聞かれた時に、
「ハイ!やります!!」
とは即答できなかった私。他の人と一緒に演奏することのプレッシャーを考えてしまったのでした。
やります!と返事をする代わりに
「室内楽を勉強することは、私にとってプラスになりますか?」
と聞いた私に、きょとんとした顔のM氏。
「それはなるでしょ。そして、それはプラスなんてものじゃないんじゃない?」
何でそんな馬鹿な質問をするのだろう?という顔をされてしまいました。

ここ数か月取り組んでいるベートーベンのピアノソナタ第9番、E-Major。ストリングカルテットをそのままピアノに置き換えたような作りのソナタです。あちらこちらに4つの違う声を持つ楽器が現れては消えていく。この4種類の違う楽器の音をピアノで表現する。音色を変えていかなければならないのです。そしてこの音色を作る時には頭の中にそれぞれの音色がはっきりとなくてはいけない。

今朝、3楽章の4つの楽器が交互に現れる部分を練習していてふと思いました。
それぞれの楽器の音を頭の中にイメージした時に、この夏のピアノカルテットの経験が生きていると。あの時に肌で感じたそれぞれの楽器の音、そして感触、距離感、そう言ったものがそれぞれの音色をより豊かなものにしてくれるのだと気が付きました。

「室内楽を勉強することは私にとってプラスになりますか?」
バカな質問をしてしまいました。。。
しっかりとプラスになっていました。
スポンサーサイト


テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

Piano | 00:04:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad