■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
混沌のあとに現れるもの
殿下のインフルエンザが私にしっかりと移り大苦しみしてから間もなく、日本から来客がありこれまたバタバタ、ほとんどピアノが弾けなかった1か月間。先週は、ツアーから帰ってきたM氏と1か月ぶりのレッスンでした。

1か月前の最後のレッスンで見ていただいたベートーベンは、そのまま停滞していて弾けないので、それまでにある程度まで仕上げてあったショパンを弾きました。特にノクターンはあがるつもりで弾きました。

ところが・・・
全然あがるどころではなく、更にハードルがあがり・・・またゴールが遠のいていきました。

ペダリングが全くなっていないと、M氏にため息をつかれてしまいました。
私がため息をつきたくなりました。。。

そしてノクターンの一番最後、私がずっと気にしていたショパンの気持ち。果たしてショパンの魂はここで救われたのか、救われなかったのか?これはM氏には聞くまい!と思っていたのですが、ついつい聞いてしまった私。そうしたら、M氏は静かにこう言いました。

ショパンが救われたか、救われないか、それはわからないけど。。。
この曲を良く見てごらん。これだけ色々あって、極限まで混沌としている。ここまで混沌とすると、そのあとは自然に浄化していくものなんじゃないのかな。

ちょっと感動してしまいました。その通りなんです。
もうどうしようもないレベルまでぐちゃぐちゃになって、最後は嘘のように幻のように静かな世界が広がる。これは極限まで進んだ混沌が自然に浄化された世界だった。
ものすごーーーく納得させられました。頭の中の霧がすっきりと晴れていくような気持ちがしました。
やっぱりM氏はすごい。

さて、感動よりも、まずはペダリングを全て見直しです。。。はああ。
いったいいつになったら、このノクターンはあげてもらえるんだろう。永久に上がらない気がしてきました。私の演奏はどれだけ混沌としてもその後に浄化された世界がやってこないのは、なぜだろう???
スポンサーサイト


テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

Piano | 22:25:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad