■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
指で弾かない
ここしばらくレッスンのたびにM氏に言われるのが
「指で弾かない」
と言うこと。

指で弾かないで、どうやってピアノをひくんだい?
と感じるのが一般的だと思うですが、これは指を使わないという意味ではなく、指を主体にして弾かないというニュアンスです。つまり指には意思がなく、頭からの指令が身体を通じて指の先に至り、そこが鍵盤につながって音を出す。

こう言われると、どうやて弾いたら良いのかわからず、ただただピアノの前で固まってしまいます。だって、これまで指でしか弾いたことが無いから・・・一生懸命指を上げたり下げたりして、一音ずつはっきり音を出すことをとことん訓練されてきた人には、これは本当に難しい。頭でニュアンスは理解できても、実際にどうやって音を出せばよいのか、途方にくれます。

今日のレッスンの最後にM氏がぽつりと言いました。
「そろそろかな。この後、ドビュッシーをやろうか?音色で魅せる音楽をやってみようか。」

これを教わりたくてM氏に教えを乞うたのでした。
でも、すぐにはその話にはならなかった。そしてやっとその時が来た。でも今はそのむずかしさが前よりももっとわかっているから、尻込みをしてしまいそうになります。

「身体の重みを鍵盤に伝えるんだ。その重さでどこまでも深く鍵盤が沈み込んでいくように。そうしないと、深い暗い音は出せない。最終的には指には全く意思はなく、頭からの指令を伝えるだけになる。」

あああ、ここは踏み込んで良い世界なのでしょうか?
スポンサーサイト


テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

Piano | 22:16:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。