■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ピアノに求められるもの
ここしばらくモーツアルトのピアノカルテットを練習していますが、ここ1週間ほどあまりに難しくてがっくりきてます。何がそんなに難しいのか?モーツアルト何て子供でも弾くじゃないか!と思いますが、私が思うモーツアルトの一番の難しさは

「ピアノのことだけを考えて作曲されていない」

ところだと思います。ピアノのためのパートも基本的に弦楽器をイメージして書かれているのです。これはピアノソナタでも同じこと。モーツアルトの頭の中には基本的に弦楽器が鳴り響いていて、それをピアノに置き換えているだけ。今回ピアノカルテットを練習していて、そのことを再認識しました。ピアノに求めているものが多様なのです。弦楽器の様にただ純粋にその楽器の奏者ではいられない。ピアノは、時には弦楽器になり、時には管楽器にもなる。必要があれば打楽器にだって・・・これはベートーベンのソナタも全く同じ。ソナタは基本的にストリングカルテットのイメージで書かれていて、それをピアノ一人でオーケストラするわけです。

これに対してショパンは違う。ショパンはピアノのために作曲をしています。だから弾きやすい(易しいという意味ではなく)。もちろんモーツアルトやベートーベンとは時代も違うけれど、時代だけの問題ではないと思います。ショパンの中に流れていたのは、ピアノと歌。だから歌うように弾くということがキーになります。ただ、モーツアルトやベートーベンの様に一人でオーケストラをやらなくても良い。純粋にピアニストでいられる。

モーツアルトのレッスンでM氏が弾いてくれた時の音のクオリティーがあまりにも私の音と違いすぎて久しぶりにどん底近くまで落ち込みましたが、ピアノのために書かれていない音楽だからこそ、生の音のクオリティー、そして一人オーケストラを演じるための音色の種類、弦とほぼ同じフレーズをピアノで弾かされるという現実、それらが奏者の実力をよりはっきりと浮き彫りにするのだと思います。ショパンの様に朦朧とさせてはごまかせない。

何だか弦楽器奏者がうらやましくなってきました。彼らの方が純粋でいられる気がします。

ピアノは、その都度「ピアノに求められているもの」を明確に理解していないとダメなんだと、今更思い知りました。弓で弾くような一つのボーイングから生まれるスラーなんて、ピアノでは出来ないのに。。。一度出した音は消えていくだけの楽器なのに。。。

キラキラとモーツアルトを弾くM氏を見ていて、本当に頭が下がりました。すごいピアニストです。そういえば、彼は一時モーツアルトにはまっていたと言っていました。ミケランジェリの弟子にレッスンをしてもらいにロンドンまで行っていたと。はああ。モーツアルト嫌になってきました。
スポンサーサイト


テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

Piano | 22:03:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。