■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
一音の中のクレッシェンド
先日のモーツアルトのピアノカルテットのレッスンの時のこと。
第2楽章の一小節目を弾いただけで早速止められました。そしてM氏はこう言いました。
「その1音目だけど、2音目に入るまでにクレッシェンドしてくれる?」
「・・・・・」
2音目に入るまでにクレッシェンドをするということは、最初の1音目の中でクレッシェンドをするということです。打楽器であるピアノは、一度打鍵したら音は衰退していきます。ペダルを使った場合、その衰退のスピードを遅らせることはできますが、少しずつ音が消えていつかは無くなるのは同じこと。これが弦楽器とピアノの大きな違いの一つです。弦楽器は弓で持続して弦に触れることによって、一つの音を弾きながら音を大きく膨らませることが出来ます。

その物理的に不可能な現象を「やってくれる?」と軽く言ったM氏。目を点にした私に
「君の言いたいことはもちろんわかるよ。でも僕の昔の先生にこう言われたんだ。」
そしてモスクワ時代の師匠、バシキーロフの話をしてくれたM氏。
ショパンの幻想即興曲の出だしのG。このGの中でクレッシェンドをするようにとバシキーロフに注意をされたのだそうです。

この「一音の中のクレッシェンド」については、バレンボイムがランランにマスタークラスをしている時のベートーベンのソナタの中で同じことを言っています。
「ランラン、君はその一音の中でクレッシェンドが出来ると言うことを信じなければいけないよ。」
その物理的に不可能と思える「一音の中のクレッシェンド」について、バレンボイムは自分がホロヴィッツにレッスンを受けた時の話を交えて、全ての音に自分の意志を伝えることで物理的には不可能なことを音楽的に可能にしていくことを語りました。

そのビデオをYoutubeで見た時にとても衝撃を受けた私ですが、それと全く同じことをM氏から言われました。M氏に後光が差しているように見えて、
「先生、バレンボイムみたいですね。」
と言った私に、ニヤッと笑ったM氏。
クレッシェンドできる!って信じただけで実際に一音の中でクレッシェンドが出来るわけではないと思いますが、その思いが頭の中にあるだけで音が変わってくる、または左手のパートにその思いが反映される。そういうことなんだろうと思います。

そういえば、以前どなたかのブログに、私が見たのと同じバレンボイムのビデオを見て、「そうバレンボイムが言ったのは、一音の中でクレッシェンドする方法を教えたくなかったから。企業秘密ということ。一音の中でデクレッシェンドできると言うことは、クレッシェンドだって可能。」と書いていらっしゃいました。その方も、具体的なことは書かれていなかったので、また企業秘密だと言うことでしょうか。そんなことを言うなら、出し惜しみしないで教えてくれたらよいのにと思ってしまった私です。私は企業秘密を知りませんので、頭の中でイメージする方法でやるしかないです。
スポンサーサイト


テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

Piano | 21:13:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad