■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
自分の音を聴く
M氏とのレッスンはM氏がパイプオルガンを弾く教会の礼拝堂にあるベーゼンドルファーのフルコンを使っています。それなりの大きさのパイプオルガンが置いてあるような礼拝堂で、ベーゼンドルファーとは言えフルコンを大屋根全開で弾く場合、自分が聴こえる音と実際に周りに届いている音とではかなりの差があります。

先週のレッスンの時にM氏が来る前に一人で屋根が閉じた状態のフルコンを弾いていて、とても心地よく感じていたのが、曲の途中でM氏がやってきて屋根を全開にした時に、いきなり自分が聴こえる音が全く変わってしまったことにとても驚きました。
「屋根が閉まっている時の方が弾いていて気持ちが良かったのに。。。」
と言った私に、
「No No No.」
とM氏。
「いつも狭い場所で小さな音にばかり慣れていると、大きな場所で屋根を全開にして弾いた時にとても戸惑うことになるよ。部屋のサイズによっても、楽器によっても、お客さんの数によっても、自分が聴こえる音は全く変わってくるんだ。それに対応できるようにするためには、とにかくどんなときにも自分の音を良く聴かなくちゃいけない。広い場所で弾くことに慣れなくちゃだめなんだよ。」

なるほど・・・
自分の音を良く聴く。わかってはいても、弾くことに一生懸命になってくるとついついおろそかになりがちです。耳からだけでなく、全身を使って、自分の音に、自分の響きに集中する。そうなった時に本当に真っ白な心で音楽に向かい合えるのだと思います。
遠い遠い道のりですが、千里の道も一歩から!屋根は全開にしないまでも、半分だけ開けて、空中に立ち上るような響きが出せるように心がけてみよう。自分に返ってくる音が大きくなっても、響きを損ねないように心がけてみよう。そう考えると、やらなくてはいけないことは自然と定まってくるのです。。。
スポンサーサイト


テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

Piano | 17:15:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。