■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
DMV
米国コネチカット州の運転免許のお話。

米国では運転免許は
DMV(Department of Motor Veicles)
という役所で交付されます。
dmv_nolwalk

アメリカでは多くの役所が、最低最悪のサービスを供給してくれますが、その中でも特に最悪とされているのが、このDMVです。

何がそれほど最悪なのか?と言うと
 ・慢性的に混雑している
 ・職員が横柄で嘘つきでいい加減
 ・手続きにめちゃくちゃ時間がかかる
 ・間違いが多い

その他色々
などの理由があげられます。

私はこれまで2度ほどこのDMVに行きましたが、やはり噂どおりのサービスを受けました。案内カウンターで指示された列に並ぶ事30分。やっと自分の番が来たかと思いきや
 「それなら、このカウンターではなくて、2番のカウンターに並ばなくちゃ!」
ときます。
これを2回ほど繰り返して(ようはタライマワシ)、1時間半ほどでようやく正しいカウンターにたどり着く事ができます。そしてそこから、長い長い待ち時間があるのです。

今回の運転免許試験。内容は
 ・交通ルールに関する筆記試験
 ・運転実技試験

の2つです。

私が指定された試験日は、朝から大雨でした。指定された時間の30分以上前に到着。館内がやけに空いています。そばに居る人に聞くと、
DMV名物
コンピューターダウン

が発生したとの事。復旧の見込みはたたず、多くの人が帰っていったのでした。

最初に並んだカウンターでは、
 「今日は免許は発行できません!」
と断言されましたが、ここで信用してはいけません!
駄目もとで、別のカウンターで聞いてみると、
 「それじゃ、こっちで目の検査を受けて!」
だそうです。ハイ。

いつもはコンピューターでおこなわれる筆記試験も、本当に本当の筆記試験。試験問題が書かれたプリントと鉛筆を渡され、終了後担当官に持っていくと、その場で採点。めでたく筆記試験は合格したのでした。

そこで担当官
 「今日はコンピューターダウンで免許は発行できないから、明日この書類を持ってもう1回来て下さい。免許を発行しますから。」
続けて、書類を見ながら
 「実技試験は無しでいいね。日本でずいぶん運転しているみたいだから。」
やったあ!ラッキーです。
実技試験を免除される人が居るとは聞いていましたが、私が????

私が実技試験を免除された本当の理由?
外は雨がざあざあ降りだったから
DMVってそういうところです。

通常免許を取得するまでに、4時間ほどかかるそうですが、私の所要時間は約1.5時間。超速です。
大雨とコンピューターダウンに感謝です。。。
たまには“いい加減”が良いこともあるのです。
スポンサーサイト


テーマ:米国コネチカット生活 - ジャンル:海外情報

U.S.A. | 13:11:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad