■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
Cleaning Way
アメリカ人と日本人とではお掃除の方法が違います。

我家では月に2回お掃除の方をお願いしていますが、彼女の掃除の仕方を見ていると驚くこといっぱいです。

まず、
使う洗剤など掃除溶液の種類がすごい!
掃除をする場所によって、全て個別の洗剤が用意されています。
台所の流し、台所のカウンター、レンジ、トイレ、木の床、タイル、お風呂、木彫家具、窓、金物用
などなど、ありとあらゆる種類の洗剤があります。
これらを駆使してお掃除をするわけです。

アメリカの家の掃除、これはなかなか大変です。なぜなら外を歩き回ってきた靴で家の中歩くわけです。それは汚れるに決まっています。だから、用途に合わせた個別洗剤が必要なのかもしれません。

しかし!日本人の感覚からすると、そのお掃除方法はなかなか大胆かつザックバラン。
私にはとても我慢できないような箇所がいくつも・・・
まず、フローリングの磨き方が甘い!フローリングは固~くしぼった雑巾でしっかり磨かねばダメです。すっきりしません。そんなモップでたら~っと磨いたような床は気持ち悪くて裸足で歩けません!ちなみに我家は土足厳禁!!

まあそうは言っても、私の手の行き届かないところは人のお世話になっている訳で…
文句は言うまい。。。

アメリカのお掃除用具、種類がすごい!とにかく楽をするための道具がたくさんいっぱいです。
こんなものでどうやって掃除をするのだ?!
と思うものも多数。

ちなみにこちらに来て購入した、
室内用のチリトリとホウキ
chiritori_hoki

なぜかホウキが洋服ブラシのような形をしています。

こんな物を使えるか!これでどうやってゴミを取るんじゃ!
と思った私。

ところが、使ってみるとこれが意外にスグレモノでした。ブラシの毛の密度がホウキよりも濃いので、細かなゴミがしっかりとチリトリに移し取れるのです。
しかもこのブラシ、室内用玄関マットについたゴミを落とすのにも最適!

アメリカ式に文句ばかり言うものではありません。良いものもあるのです。たまにはですが…
スポンサーサイト


テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

U.S.A. | 22:23:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad