■プロフィール

Hanna

Author:Hanna
2005年9月よりアメリカ在住
東京出身、和文化と猫とオペラが大好き!あと、ゴルフも…
(すみません。多彩な趣味の持ち主なのです。^_^;)

■月別アーカイブ

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■リンク
美しい姿勢と美しい音の関係
私は元来、姿勢が良くありません。気が付くと背中が丸くなっていて、姿勢を直そうとずっと思いながら結局直らないまま今日を迎えています。

先週のレッスンでM氏に特に姿勢のことを注意されました。それは単に背中が丸いと言うことではなく、
大きな音を出そうと思った時には腕が延びていなくてはいけない!
ということでした。腕を伸ばそうとすると、背中が起きて、前のめりにはなれなくなります。

例えばチャイコフスキーの有名なピアノコンチェルトの冒頭の和音の部分、オケに負けない豊かなffを出すためには指の力や腕の力だけではどうにもなりません。色々な人の演奏を見ていると、身体が比較的小さな人たちはほとんど椅子の上でジャンプするような感じにさえ見えます。これは、下半身の重さを鍵盤に伝えるためです。確かにここで背中を丸めて小さくなって弾いている人はいない・・・

レッスンの後に自宅で練習をしていて、ふと自分自身の弾いている姿をビデオに撮ってみました。
なるほど・・・背中は丸いし、あごは前に出ている。。。そこには全く美しくない自分がいました。。。がっくり。。。

私の大好きなホロヴィッツもリヒテルも皆、背中がまっすぐ。弾いている最中もほとんど動きません。トリフォノフ君の様に音が出ている間中ぐにゃぐにゃと動きまくっている人ももちろんいますが、そういう人でも大きな音を出す時には背中はちゃんとまっすぐになっているのです。もちろんどんな世界にも例外はあるわけですが、たとえばグルドとか。。。

美しい姿勢と美しい音の関係。
これはとても緊密につながっています。
遅まきながら、今から一気にこの問題を直そうと思います。

そういえば、N氏は自分の姿勢に関して非常に気を付けている人でした。以前に、お客さんから見える自分の横顔や姿勢をどうやったら美しく保てるか?ということをいつも研究していると話してくれました。いつもビジュアルに気を遣うN氏だからこその発言ですが、これはもちろんビジュアルだけではなく、音の美しさとも緊密に関係しているのです。

N氏と過ごした3年間。私にはちょっと時期が早すぎだとつくづく思う今日この頃です。今ならもっと色々なことが理解できたかもしれない。。。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

Piano | 08:41:56 | Trackback(0) | Comments(0)
室内楽効果
この夏に初めて体験した室内楽
その初めての室内楽は、なんと私以外は全員プロ。まあ何とも贅沢な初体験でした。

そして、数週間前にM氏から室内楽のワークショップがあるから出てみないかと言われ、モーツアルトのピアノカルテットに挑戦することになったのですが・・・
「やってみる?」
と聞かれた時に、
「ハイ!やります!!」
とは即答できなかった私。他の人と一緒に演奏することのプレッシャーを考えてしまったのでした。
やります!と返事をする代わりに
「室内楽を勉強することは、私にとってプラスになりますか?」
と聞いた私に、きょとんとした顔のM氏。
「それはなるでしょ。そして、それはプラスなんてものじゃないんじゃない?」
何でそんな馬鹿な質問をするのだろう?という顔をされてしまいました。

ここ数か月取り組んでいるベートーベンのピアノソナタ第9番、E-Major。ストリングカルテットをそのままピアノに置き換えたような作りのソナタです。あちらこちらに4つの違う声を持つ楽器が現れては消えていく。この4種類の違う楽器の音をピアノで表現する。音色を変えていかなければならないのです。そしてこの音色を作る時には頭の中にそれぞれの音色がはっきりとなくてはいけない。

今朝、3楽章の4つの楽器が交互に現れる部分を練習していてふと思いました。
それぞれの楽器の音を頭の中にイメージした時に、この夏のピアノカルテットの経験が生きていると。あの時に肌で感じたそれぞれの楽器の音、そして感触、距離感、そう言ったものがそれぞれの音色をより豊かなものにしてくれるのだと気が付きました。

「室内楽を勉強することは私にとってプラスになりますか?」
バカな質問をしてしまいました。。。
しっかりとプラスになっていました。

テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

Piano | 00:04:18 | Trackback(0) | Comments(0)
Dissonance means enjoyment! -不協和音を楽しむ-

毎回2時間以上のレッスンをしていただいても、なかなか量をこなすことができない今日この頃。ショパンのノクターンとベートーベンの初期のソナタの間で、行ったり来たりの状態が続いています。M氏の要求がどんどん上がっていき、練習すればするほどゴールが遠のいていくのです。

さて、前回のベートーベンのレッスンの時のこと・・・
あちこちに出現する不協和音。今一つ気弱に弾いてしまった私に
「もっとちゃんと弾いて!」とM氏。
「不協和音って、何だか臆病になってしまうんですよね。」と私。
そうしたらM氏が
「That is very natural, but for Beethoven or Mozart, disonnance means enjoyment! 」
(それは普通なんだけど、ベートーベンやモーツアルトにとっては不協和音=楽しみ、なんだよ。)
ほおおっ!と思ってしまった私。

その例として、Mozartの不協和音カルテットをあげたM氏。
そして嬉しそうに、ベートーベンに現れる不協和音を弾いて見せてくれました。
なるほど。。。 

音楽の魅力を引き立たせるための調味料的な存在の不協和音、ハーモニーのことを考えるとどうも臆病になってしまうこの不協和音。そうやって考えてみると、ロシア人のピアニストは不協和音を優しく弾く人が多い。そしてドイツのピアニストはこれでもか!!ってほどぎゃんぎゃんと不協和音を弾く。ロシア人は曲を流れるハーモニーを最優先にする人が多いから、そうするとああいう弾き方になるのかな?例えばギレリスの様に。。。

でも、去年の春に聴いたオクサナヤブロンスカヤの弾いたベートーベンのテンペスト。一楽章に現れる、超ドギツイ不協和音4連発。彼女は、しっかりと不協和音らしく弾いていました。同じロシア人でも違うんだなあと思いました。

不協和音を楽しむ!

また貴重なことを学んでしまいました。




テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

Piano | 22:58:25 | Trackback(0) | Comments(0)
どこまでつながっていく?ロシアンピアニズムの縁
思い返してみると、N氏と20年以上ぶりにピアノを弾きはじめてからというもの、私の周りは怖いほどロシアでつながってきました。

N氏→ヤブロンスカヤの弟子
日本のO先生→ネイガウス派+バシキーロフ
M氏→バシキーロフの弟子

こういう経歴の三人に、この3年の間に、ただのアマチュアのおばさんがレッスンを受ける事が出来たというのは、日本ではちょっと考えられないことだと思います。それもN氏とM氏とは相当深いところまでレッスンをしていただきました。

N氏を発端に単なるピアノのレッスンという枠を超えて、気が付くと私の周りはロシアンピアニズム関連の出会いがつぎつぎとあり、それに伴って私自身の興味もどんどんロシアンピアニズムに傾倒していきました。知れば知るほどはまるロシアンピアニズム。それはつまるところ、その奏法で生み出される音色によるものです。”音”と言う、人の心をダイレクトにつかむことのできるもの。それを自由自在に操ることができるロシアン奏法。ピアノをただの打楽器としてではなく、人間の声の様に変化させて演奏することを可能にする奏法。音楽が好きだったら、はまらないわけがないと思います。

そして今回、また考えられないような偶然の出会いから、またしてもロシアの超大御所とつながる(間接的に)こととなります。
それはビクトール・メルジャーノフ。
殿下がアイスホッケーの練習をしているリンクのロッカールームで偶然出会った男の子が日本人とのハーフで、その彼のお母さんと話をするようになり、そうしたらそのお母さんのお姉さんが日本でピアノの先生をしていらして、その方がメルジャーノフの弟子だった原田英代さんと言うピアニストと同郷で、彼女からレッスンを受けているということを知りました。つまり、彼女も原田さんを通してメルジャーノフの奏法を学んでいるということです。

そしてこの原田英代さん、実は私は2年ぐらい前に自然に彼女の演奏にたどり着いていたのです。それはN氏とメンデルスゾーンの無言歌集をひいていた時のこと。なかなか感じがつかめず、YouTubeで何かきっかけになる演奏はないかとさがしていたときのことでした。いくつものビデオを見ながらもなかなかイメージする演奏が見つからず、もうやめようかと思っていた時に原田さんの映像を偶然見つけました。その時には彼女の名前も知りませんでした。映像からは顔もはっきり見えなくて。。。でも彼女の奏でる音は、普通の日本人の演奏家の音とは全く違うと言うことはYoutubeのビデオからでもはっきりとわかりました。それから彼女のことを調べてみたら、やはりロシアで勉強をした人でした。しかも、メルジャーノフの弟子だと。そして彼女がロシアピアニズムに関する本を出版していることも知り、それも取り寄せて読みました。まるでロシアピア二ズム辞典のようで、何度も繰り返し読みました。

その原田さんと同郷で、彼女が帰国するたびにレッスンを受けている人の妹さんとアイスリンクで偶然知り合ったというわけです。まあ何とも、すごい偶然。このロシアンピアニズムのご縁、いったいどこまでつながっていくのでしょうか?

実は、O先生とのご縁もこれと似た裏話があります。それはまたの機会に・・・

テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

Piano | 18:36:55 | Trackback(0) | Comments(0)
”聴く”ということ
M氏からレッスンを取り始めて、1年半ぐらいが経ちました。レッスンが出来ない長い夏休みなどを差し引くと、実質1年ぐらいですが、信じられないくらい密度の濃い1年でした。信じられないくらい多くのことを彼から学びました。実際、私の音楽に対してのスタンスは完全に変わりました。

教える方も教わる方も良い意味で慣れてきて、以前よりもお互い遠慮なくものが言えるようになってきて、レッスンのテンポがあがってきたこの頃。
ショパンのエチュード、バッハの平均律、ベートーベンのソナタとショパンのノクターン。
これだけを同時に進めていくのはやはり大変ですが、このボリュームを1年続けてみて、色々な意味で音楽の見方が広がり、楽譜の読み方が深まりました。

前回のレッスンはベートーベンのソナタの最初の2ページに2時間半。。。
”全部がダメだ”とやんわりと、でも厳しく言われてしまいました。。。うううう。。。。
最初の頃は遠慮して見逃してくれていた部分があったと思うのですが、最近では何となく弾いている状態ではたとえ1小節さえもスルーさせてもらえなくなってきました。

全ての音と音楽の流れが完全に聴こえていなければ、先には進めない。
音楽では、良く先生が生徒に「良く聴いて!」と注意をします。
この「聴く」というのは実はとても面白いことで、奏者の耳に聴こえていないことは、お客さんの耳には聞こえないのです。物理的に音が出ていないというのではなく、全ての音が正しく演奏されていたとしても、奏者が音楽の流れやフレーズを自分の耳で聴こうとしないとそれは音楽として聴こえてこないのです。子供の時から何万回も「そこはもっと良く聴いて!」と言われつづけてきたことですが、今でもこれは不思議だなあと思います。

つまり、奏者の頭の中で整理できていないことは演奏には反映されないと言うことです。(あたりまえですが・・・)自分の頭の中でフレーズや多声部のそれぞれの声部がはっきりと整理されている場合、それらがはっきりと演奏に浮き出してくる。だから譜面はちゃんと読まなくてはいけない。ただ楽譜にある音が全てそこにあったとしても、それでは音楽にならないのです。

ポリフォニーの神様バッハはもちろんことですが、ベートーベンも多重レイヤー大好き。あちらこちらに隠しレイヤーがあります。これをきちんと読み解かずに、誰かの演奏から聴こえてきた感覚だけで何となく弾くと、
「全然聴こえてない!」
ということになります。

聴く=きちんと音楽を読み解く

ってことなんだって、今頃になって気が付きました。
何であれだけ弾いていた若い時にそういうことを考えなかったんだろう。。。つくづくバカな私です。だからだめなんですよね。またまた反省。最近、反省ばかりしています。昔もっと反省していたら、もっと上手くなっていただろうなあ。はあああ。。。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

Piano | 10:17:19 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad